中高生ガーナ2人旅 ④ビザ申請

ついにビザ申請

航空券も手配し、黄熱病の注射も終わって、いよいよビザ申請です。

2017年7月27日にガーナ大使館にビザ申請に行ってきました。アフリカ諸国もいろいろあって、中にはビザ不要の国もあるそうですが、ガーナの場合はビザが必要です。

必要なものは

申請書パスポートサイズの写真を貼る

パスポート

イエローカード

 

詳しくはガーナ大使館のサイトに書いてあります

 

http://ghanaembassy.or.jp/jp/consular_section/consular_info.html

 

私が大昔にガーナにいったときは観光ビザでしたが、今回子どもたちは

「ガーナ人の子どもビザ」です。

観光ビザと同じ値段で、必要書類として

「在東京のガーナ大使館発行の出生登録証明書」、

又は、「戸籍抄本」、又は、「出生証明書」のいずれかのコピー2枚

と、提出書類が余分に必要になるのですが、

うちは子どものパスポートを取る際に

ローマ字表記をヘボン式ではなく普通の表記にしたかったので(後述)出生証明を取っていたので、すんなり手続きできました。

ちなみに出生証明を取得したのは2006年。こどもたちがそれぞれ6歳、4歳のときで、当時10,800円かかっていました。

乃木坂にGO!

 

ガーナ大使館は、六本木の住宅街のようなところにあります。私たちは乃木坂経由で行きました。

こんなところに本当にあるのかしら、と思うような小道を歩いていくと、国旗が目に入ります。

 

大使館外観

 

 

呼び鈴を押すと開錠される仕組みです。

 

ちょうど査証部がオープンする10時に到着しました。すでに先客がいらっしゃいましたが、待合室で書類を整えてらしたので、先に窓口に呼ばれ書類を提出しました。

カウンタ―に受付簿がありました

 

何か所か記載漏れがあり、その場で直して出して、を2回ほど繰り返して、無事提出終了!領収証をもらいました。領収書には二日後の15:00~16:30の間にとりに来るようにメモが書いてありました。

1人分の領収書です

 

今回は、兄さんの予定があわなくて本人いけなかったのですが、事前に大使館に問い合わせたところ、申請は代理でも全然おっけいだそうでした。

なお、引き取りに関しても、領収書があれば、誰でも取りに来ていいそうでした。

終わってみたら、ほんの20分程度で終了。これのために1日休みをとっていたので、せっかくなのですぐ近くの国立新美術館にいって「ジャコメッティ展」を見て、乃木坂周辺を散策、美術館出たすぐのところにあったPezmagicさんでハンバーガーを食べました。

 

 

こどもの名前の表記について

こどもの戸籍名を「外国風」にしている場合、普段はカタカナにしていると思いますが

パスポートに記載する際に、ヘボン式だとかっちょ悪いというか、本来意図しているのと違う表記になってしまいます。

例)

戸籍名:マイケル

普通にパスポートをつくると→ MAIKERU

本来の意図→MICHAEL

気にされない方はいいですが、希望通りのスペルでパスポートを作りたい場合は、パスポート申請の際に本国での出生証明などが必要となるので、作っておくとといいと思います。

次はビザの回収について書きます。

miko tamura