ヘナアートで描くアフリカンデザインとガーナのAdinkra シンボル

グローバフェスタJAPNA2017では、アフリカンキッズクラブの企画としてアフリカ文化の紹介と体験ができます。今回新しく“ヘナ/henna”アートの体験コーナーを設けました。
アフリカンデザインのヘナアートでアフリカを体験してみましょう。

アフリカとヘナ?!>>> 詳しく知りたい

アフリカオリジナルデザインのヘナアート

ヘナは髪を染めるものという印象がありますが、アフリカではヘナで足や手を染める(タトゥー)のが一般的です。  詳しくは>>> アフリカとヘナの関係
アフリカのヘナアートデザインはインドのペイズリーやまんだら、中東の花柄モチーフとは違い、シンプルで幾何学的なもの、抽象的なものが多いです。いわゆるアフリカンパターンといわれるものです。

その中で今回の体験で選んだのは5つのデザインです。

①~③はAdinkra/アディンクラデザインと呼ばれるもので、現在のガーナのクマシを中心とするアシャンティ王国の“アシャンティ文化”で概念や格言を表すシンボルとして使われているものです。

GEY NYAME

ガーナで最も人気のありよく使われるデザインです。“神のご加護”を表しています。アシャンティの人々の宗教的な概念を表現したものです。

 

FUNTUNFUNEFU DENKYEMFUNEFU

ワニが合体したものです。同じ胃袋を共有していることから、民主主義と統一の象徴とされています。

 

DENKYEM

ワニがモチーフとなっています。ワニは水中に生息しますが陸上でも呼吸ができることから、状況に適応する/順応することを表しています。

 

Baobab(バオバブ)
バオバブをアフリカンパターンでデザインしたものです。バオバブはアフリカ各地にありアフリカを代表する樹です。セネガルでは国の樹として国章にも描かれています。
バオバブは実や葉、樹皮、すべてが利用でき人々の暮らしに様々な恩恵を与えることから、神聖な樹として神木になっているところもあります。

Costus spectabilis(コスタス スペクタビリス)

ナイジェリアの国花“Costus spectabilis”(コスタス スペクタビリス)をモチーフにしたデザインです。国章にも描かれています。

 

ヘナアートのやり方と取扱い

肌に直接、デザインを描いて行きます。ヘナが乾燥するまで30分~1時間かかります。時間が経つほうが色付きは良くなります。

 

描いた部分の肌が染まることでタトゥーのようになります。

 

 


ヘナが乾燥すると、泥パックのようにはがれてきます。描きたて直後はオレンジ色をしていますが1~2日経つとだんだん茶色っぽくなり濃くみえるようになります。

 

《ヘナをした後の注意》

  • お風呂は2~3時間以上たってから
  • ヘナは30分~1時間ではがれて、その後に色が付いています。時間を置くほど長持ちします。
  • いつまでもつの?
  • 個人差はありますが、翌日には少し濃くなり(上記↑↑)、1~2習慣で消えます。
  • アレルギーの心配は?
  • ヘナは100%天然植物の素材を使っていますが、ごくまれにアレルギー反応を起こす人がいます。かゆくなったら患部を冷やすなどしましょう。かゆみが治まらない場合はすぐに医師に相談してください。

寄付