高校生の教育と使える奨学金を知る(留学)

我が家にはミックスの娘がいますが、日本の学校生活初期のころは“なじむ”のに一生懸命でした。今ではすっかり自我に目覚め「自分は周りとは違う」ということを意識して将来についていろいろ考える日々です。

最近は自分のバックグラウンド(日本とセネガル)以外の海外のことに関心を持ち、「私、将来海外行くね~。その前に留学したいな。」とJCな発言。いいよいいよ、広い世界を見て来なさいと快く返事はしたものの、「教育費」どうしよう…と振りかかる親としての義務と責任のプレッシャー。

今は政府も「グローバル人材」を育てる目的で様々な事業を行っています。話題になった「給付型奨学金」や一般でも活用できそうな助成金もあります。
以下に国際交流や留学のチャンスを活かす情報(2017年現在)を紹介します。

トビタテ!留学JAPANでは海外留学を支援

政府がグローバル人材育成の事業として力を入れているものです。
給付型奨学金として留学や海外研修、インターンシップのために国が支援してくれます。大学生や大学院生だけでなく高校生への奨学金もありますので、利用幅が大きいです。

トビタテ!留学JAPANを知る>>>専用サイト

海外留学から国際交流まで幅広く支援

早いうちから日本と異なった環境やバックグラウンドを持つ人と関わりを持つのは、自分の視野を広げる機会になります。

日本でも海外の人と交流したり、留学を支援している関係機関があります。積極的に利用して異文化交流の情報収集や体験を積むのもいいかもしれませんね。

文部科学省は以下の関係機関を紹介しています。いずれも海外留学や国際交流を積極的に支援しているところです。

また各地方自治体でも留学フェアをやっています。2016年の実績のある一例です。お住まいの自治体で検索してみるとわかります。

これらのプログラムや奨学金、助成金をうまく利用して子ども達の可能性を広げてあげたいですね。

寄付

 

One thought on “高校生の教育と使える奨学金を知る(留学)

  1. Pingback: 高校留学のお役立ち情報|大使館・公的機関を利用する – African Kids Club

Comments are closed.