もうすぐラマダン。西アフリカ セネガルで見るイスラム文化

2017年のラマダン期間は5月27日ころに始まります。日にちを限定しないのは場所(地域)や月を見る人によって認識がまちまちだからです。しかし大きくずれることはありません。1日~2日前後するだけです。

ラマダン(月:新月~次の新月まで)は肉眼で確認するという結構アナログなやり方です。そのため見る人や地域によってちょっとずれたりします。多くのところでモスクやテレビ・ラジオで開始を知らせるアナウンスがされます。このラマダンの時期が近づくと老若男女が空を見上げて月(新月)を確認している光景に遭遇するかもしれませんね。

正確には“ラマダン”はイスラム教が用いるヒジュラ歴(月の満ち欠けをもとにした太陰暦)の第9番目の月のことです。このラマダン月に行うのが“サウム”といわれる断食です。ラマダンは断食することと勘違いしている人もいますが、あくまで月の呼び名です。(ラマダン、サウムはアラビア語)

西アフリカ セネガルのラマダン

アフリカでも北アフリカから西アフリカ諸国はイスラム教徒が多い地域です。西アフリカのセネガルも90%以上がイスラム教徒です。そのため日常生活も国の祝日にもイスラム教が影響しています。

ラマダン(サウム)もその1つです。イスラム教徒にとっては「サウム(断食)」は信者が守るべき5行の1つのため必ず行います。おもしろいことにセネガルではラマダン月のことを“Kôr/コル”(ウォロフ語)と言い、断食することも同じKôrです。ちなみにフランス語では“jeûne”と言います。

このラマダンに関連して有名なのが“犠牲祭”ですが、セネガル(西アフリカ)では“Tabaski/タバスキ”と呼ばれています。これもセネガルでは12番目の月の名前として呼ばれています。(一般にはZoul Hidah=12番目の月、Eid ul-Adha=犠牲祭)

疑問:ラマダン中の断食について

素朴な疑問としてラマダンの期間中はどんなことをしているのか?ということだと思います。必ずするのが「断食」です。
では断食はどのようにするのかですが、「太陽のある日中に飲食をしない。」というのが基本です。日が昇る1時間前くらいまでに食事をすませ、日中は一切の飲食を絶ち、日が完全に落ちて食事を再開します。

この時の食事をセネガルでは、

  • 断食開始:Kheud(ケーッド)/パンやミルクなど朝食にあたるもの
  • 断食終了:Dogue(ドッグ)/ナツメヤシの実、温かいコーヒー・ミルク、パン等

と言って特に断食終了の食事は皆楽しみにしています。その後、次の朝食まで普通に食事します。私にとって悩ましいのが、この時期食事が不規則になるため準備が大変なのと逆に不健康なのでは?というギモンがつきまとうことです。(不謹慎ですね。)

【ナツメヤシの実】
デーツとも呼ばれイスラム教では「神の与えた食べ物」としてコーランにもたびたび登場する。1日の断食終了後にまずナツメヤシの実を食べるのは、預言者ムハンマドが行っていたため、ムスリムの間では習慣として最初に口にする。栄養価が高く空腹の胃に刺激を与えないという意味でも日常的に食べる人も多い。

>>> アフリカンスクエアー(チュニジア産)を見る

ラマダン中は配慮が必要

イスラム教徒にとってラマダンは信仰を再認識する神聖なものです。また断食によって貧困に苦しむ人の苦しみを感じ、同じ体験を共有することでイスラム教の同胞との一体感を高める副次的な意味もあります。

イスラム教徒ではない人には関係ないことですが、イスラム教徒の多い国や地域ではイスラム教徒の習慣に敬意を持って接することをおすすめします。もし機会があれば1日でも同じように断食をしてみてはどうでしょう。現在、困難にある人々や周りの人への共感へつながるきっかけになるかもしれませんよ。

もっとイスラムについて知りたい方は>>> イスラミックセンタージャパンが参考になります。

yacine

寄付

 

One thought on “もうすぐラマダン。西アフリカ セネガルで見るイスラム文化

  1. Pingback: 犠牲祭(タバスキ)がやってくる【西アフリカの文化から】 – African Kids Club

Comments are closed.