高校留学のお役立ち情報|大使館・公的機関を利用する

2017年4月29日(祝)に東京都教育委員会主催の『高校生留学フェア』が開催されたので、後学のために行ってきました。
もともと多様なバックグラウンドを持つアフリカン・キッズ・クラブの子ども達は、将来の選択として日本だけでなく世界中が選択の場になる可能性があるので、タイムリーな情報をどんどん発信していきますね。

アクセスや参加条件に地域(自治体)の差はありますが、今は便利なWeb、SNSも多くあるので情報収集に役立ててもらえればと思います。
各大使館が国ごとの留学・教育事情を説明したので、以下まとめです。

留学事情:アメリカ留学/Education USA

高校生の留学は交換留学や地方自治体・学校主催の派遣プログラムがあります。またアメリカの大学が高校生向けに提供しているサマープログラムに参加する方法もあります。

留学プログラムの例

TOMODACHI教育・交流プログラム
日米の次世代リーダーの育成を目指す官民パートナーシップでの短期留学体験教育、交流プログラムを提供しています。
参考サイト>>> TOMODACHIプログラム&活動

KAKEHASHIプロジェクト
国際交流基金が外務省が推進する北米地域との青少年交流の一環として、日本の高校生・大学生等に実施するプロジェクト。
参考サイト>>> 国際交流基金のサイト

アメリカの大学が提供するサマースクール
日本の高校在学中にアメリカの大学が提供するサマースクールに参加する。
>>> EducationUSA で調べる EducationUSA
>>> EducationUSA が提供するサマースクールを探す Find an Academy
>>> 日本のEducationUSAアドバイジングセンター アメリカンセンターJapan

アメリカ留学全般の情報
>>> 日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)

アメリカ留学フェア

EducationUSA EXPO開催:2017年9月9日(土)予定
アメリカ大使館が主催する年に1度の留学イベントです。
詳細は>>> EducationUSA アメリカンセンターJapanのイベントガイドに掲載

留学事情:カナダ留学/EduCanada

カナダ留学は大使館やカナダ政府機関が積極的に情報の発信をしています。移民の受け入れにも積極的で日本からの留学人気ランキング2年連続1位となっています。(留学ジャーナル2016年調べ)

在日カナダ大使館 >>> カナダ大使館サイト留学ページ

カナダ大使館ではカナダの教育や留学に役立つ情報を提供しています。
【カナダ留学資料コーナー】
カナダ政府や公的団体が提供する留学案内資料や、カナダ各地の大学、カレッジ、専門学校、語学学校、高校、教育委員会のパンフレットを展示しています。可能なものは持ち帰り自由です。
また留学に関する資料や情報検索の手伝いもしてくれます。
【カナダ留学説明会(予約制)】
留学目的・分野別のグループ説明会を指定の水曜日に行っています。
大使館開館日:月~金曜日(一部のカナダ・日本の祝日は閉館)
確認は大使館ウェブサイトで>>> カナダ大使館
問い合わせ先tokyo.education◆international.gc.ca まで(◆を@に変えてメール送信)
カナダ留学Facebook:EduCanada カナダ留学
カナダ留学Twitter:EduCanada カナダ留学

カナダ留学フェア

次回開催:2017年秋(11月ころ)
カナダの教育機関が参加して日本語で個別相談に応じるほか、セミナーも実施します。目的に応じた学校を見つける機会です。
詳細は>>> カナダ留学特設サイト

【留学に役立つ情報サイト】提供言語は英語・フランス語
カナダ政府提供
カナダ政府カナダ留学公式サイト>>> EduCanada.ca
カナダ政府奨学金サイト>>> Scholarships.gc.ca
カナダ教育閣僚協議会(CMEC)>>> www.cmec.ca
カナダ国際資格情報センター(CICIC)>>> www.cicic.ca
カナダ移民・難民・市民権省(IRCC)>>> www.ici.gc.ca
カナダの公的機関(協会)提供
カナダ大学協会>>> www.universitystudy.ca
カナダ・コミュニティ・カレッジ協会>>> www.collegesinstitutes.ca
カナダ公立教育委員会国際協会(CAPS-I)>>> 日本語 / 英仏語
カナダ国際教育協会(CBIE)>>> cbie.ca
カナダ語学学校協会 >>> Languages Canada
カナダ私立学校協会 (CAIS)>>> www.cais.ca

留学事情:オーストラリア留学/Study in Australia

オーストラリアは留学生の受け入れと保護のために法律や義務を制定している世界的にも珍しい国です。国を挙げて留学生を歓迎している表れと言えます。
またオーストラリアはアジアの一員としての意識が高く、英語圏の国の中で日本語を学ぶ人の数が一番多い親日国です。学生の生活環境・生活の質・就職環境・費用の4つから評価されるQS Quacquarelli Symondsの「学生にとって留学しやすい都市ランキング2016」でも、オーストラリアの都市メルボルンとシドニーが2位、4位にランクインしています。

オーストラリア留学をサポートする公式情報サイト >>> 日本語 / 英語

オーストラリア留学Japan Facebookstudyinaustralia.japan
Study in Australia Twittertwitter.futureunlimited

(小・中・高校の情報収集に役立つサイト)
政府登録校の情報 CRICOS>>> cricos.education.gov.au
学校・コースの検索 >>> www.studyinaustralia.gov.au/japan

オーストラリア留学フェア

開催予定:2017年10月7日(sat)
詳細は>>> カナダ留学特設サイト

日本政府が推奨する留学に関しては、
>>> 奨学金制度や自治体が派遣するプログラムを知る

海外留学イベント・説明会情報(海外留学支援サイト)
>>> 公的機関等主催の海外留学イベント・説明会情報2017